野菜

きゅうり レシピ

水分で体を冷やす夏には欠かせない野菜
今でこそ、一年中見かける野菜ですが、もともとは初夏から初秋と暑い時期が旬のきゅうり。
インドが原産の陰性の野菜です。
成分の90%以上が水分で、体を冷やす作用があるため、暑い夏には欠かせません。

そのため、東洋医学でも、陽性体質の人の体の熱やほてりをとり、暑さによる食欲不振を改善する食材として用いられてきました。

むくみ解消
きゅうりはカリウムやイソクエルシトリンといった高い利尿効果がある成分を含んでいるので、体内の余分な水分を排出し、むくみの解消に役立ちます。
また、膀胱炎になりやすい人や、腎炎の予防にもおすすめです。

そのほか、カリウムには体内の余分なナトリウム(塩分)を出そうとする作用があるため、高血圧の人の血圧降下にも役立ちます。



美肌・美髪
美白降下があるビタミンCのほか、美しい皮膚や毛髪のために必要不可欠な成分であるケイ素を豊富に含んでいることは、意外に知られていません。

焼けた肌のほてりを鎮め、自然派化粧品の原料として使われることがあるのは、これらの効果によるものでしょう。

新鮮なものを選び板ずりして青臭さを消す
水分が多く、体を冷やすことから、陰性の野菜に分類されるきゅうり。
しなびて皮にシワがあるものは古いものです。
全体にハリやツヤがあって、イボが痛いぐらいにとがっている、エネルギーたっぷりのものを選びましょう。

生でもひと工夫
生のまま食べられるきゅうりは、サラダや和え物にも最適。
板ずりをすれば、青臭さやイボも気になりません。

きゅうりをまな板の上に乗せて塩を適量ふり、上から少し力を加えるようにしてころがすと、青臭さやイボが取れるだけでなく、色もいっそう鮮やかになります。

お酢と一緒に食べる
陽性の人にぴったりのきゅうりですが、実は欠点も。
ビタミンCを破壊する酵素・アスコルピナーゼを含んでいる点です。
ほかの野菜と一緒に食べると、きゅうりのアスコルピナーゼがほかの野菜のビタミンCを壊してしまいます。

これを防ぐためには、酢を加えることです。
そういった意味でも、ドレッシングをサラダにかけるのは有効な調理法といえます。





posted きゅうり レシピ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/210015732

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。