野菜

キャベツ レシピ



キャベツは料理の脇役的な存在ですが、美容と健康のためには主役としてとりたい食品です

胃腸病に効くだけではないキャベツの効用
地中海沿岸が原産です。
青い淡色野菜のキャベツですが、中心に向かって葉が巻き付くエネルギーが強いことから、間性の食材になります。
古くはローマ時代から、薬用植物として栽培されてきました。

潰瘍とガン予防に
ビタミンCやUが豊富で、ガンや潰瘍を予防する野菜として知られています。
消化促進効果があるのはもちろん、風邪予防、疲労回復、美肌効果、便秘解消、貧血の改善、ストレスの緩和などに効果があります。

胃腸の弱い陰性体質の人は生食を避ける
キャベツに含まれるビタミンCやビタミンUは水に溶けやすく、加熱すると減少します。
スープにするなど、煮汁ごと食べるようにするのがオススメです。
胃腸の弱い人は胃壁を痛めないために、生で食べるよりも、加熱する方がベターです。
芯の部分にもビタミンCが多く含まれるので、上手に活用しましょう。

陰性体質の人は加熱して
キャベツは間性の食材ですが、生で食べると体を冷やします。
陰性体質の人は、かならずサッと熱を加えて食べるようにしましょう。

スープにして丸ごと食べる
そのまま食べると体を冷やすので、陰性体質の人は必ず加熱をしましょう。
ポトフにすれば、煮汁も食べられる上、芯ごと柔らかくなります。

陰性体質の人は、ハンバーグなどの付け合わせにすれば、肉の陽性度が和らぎます。



6/4テレビで紹介!Oisixの野菜はこちら

posted キャベツ レシピ at 18:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/210533705

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。