野菜

ジャガイモ レシピ

やわらかくホクホクしたジャガイモは老若男女を問わず、食べやすい食材です

胃腸に優しくストレスの解消にも
南米アンデスの原産です。
日本には、16世紀末にオランダ人がジャワから持ち込んだと言われています。
色が淡いことから陰性だと思いがちですが、形が丸く、土の中で育ち、北海道など寒い地域で栽培されるため、間性の食材に入ります。
漢方では、胃腸の炎症を抑え、粘膜を保護するとされています。
疲れやすく元気がないときや、胃腸の弱い人に最適です。
また、胃が張った感じがするときや、胃がムカムカするときに食べるといいでしょう。



利尿作用
ジャガイモは、野菜の中でもカリウムの含有量がトップクラスです。
そのため、体内の余分な塩分を排出し、高血圧、腎臓病の予防に効果的です。

老化防止、ストレス解消
また、ビタミンCも豊富です。
優れた抗酸化作用を発揮し、老化防止、ストレス解消に効くので、美容と健康にも有効なのはうれしい限りです。

ダイエット
炭水化物の中では、意外とカロリーが低いのも大きな特徴です。
同じ量のご飯と比較すると、約半分のカロリーしかありません。
上手にメニューに利用すれば、ダイエットにも応用できます。

陽性の人はマヨネーズ、陰性の人は塩で
陽性体質の人も陰性体質の人も、安心して食べられる間性の食材です。
陽性体質の人は、ゆでてサラダにし、マヨネーズなど陰性の調味料と合わせるとよいでしょう。
一方、陰性体質の人は、肉ジャガなど、煮物に入れるのがオススメです。
旬のものなら、シンプルに茹でて塩をふっただけでもおいしくいただけます。

芽はかならず取って
ジャガイモの芽はソラニンという毒素を含んでいます。
芽は包丁でていねいにえぐり取りましょう。

ふっくらとしたものを
選ぶときは、ふっくらとした丸い形で、表面に傷やシワが無く、ズッシリ重みのあるものを。
皮が緑色をしているもの、芽が出ているものは避けましょう。
保存するときは、風通しのよい冷暗所に。

ビタミンCが壊れにくい
ジャガイモは、ビタミンCを多く含んでいます。
ジャガイモのビタミンCは熱に壊れにくいのが特徴です。
ゆでる、炒める、揚げる、煮る、焼くなど、いろいろな方法で料理できます。




posted ジャガイモ レシピ at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/210564283

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。