スポンサードリンク

マイボトル

「世界一安全」と言われるクリーンカンティーンのウォーターボトル

携帯用ウォーターボトルです。
元々ほ乳瓶を製造し、衛生面に敏感なクリーンカンティーン社の製品だけに、
その安全性は折り紙付き。





素材の耐蝕性を保つために内部にコーティング加工が必要なアルミではなく、
素材自体に耐蝕性があるステンレスを採用しました。


コーティングなしに口金部分まで一体化した構造で、
さらに飲み口も直径5センチという広さが確保されています。


差別化が難しいウォーターボトルの中で、
独自性を確立した製品となっています。



posted マイボトル at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日用品

洗濯 洗剤

液体洗剤のシェアが伸びています。
2008年には洗濯洗剤市場の33%を占めるまでになり、以降ずっと右肩上がりです。


背景にあるのはドラム式など節水型洗濯機の普及があげられます。
粉末洗剤は洗剤を溶かすために一定の水量を必要とするのですが、液体洗剤ならば少ない水量でも溶け残りが出にくいです。


また、詰め替えができるという点も、近年のエコ志向にマッチするのでしょう。


主要メーカーをみると
目玉は何といっても花王の「アタックNeo」



台所洗剤のような小さい容量でありながら、同社の従来品と同じ回数を使えるという劇的なコンパクト化に成功しました。
検証で、油分(口紅、カレー)を含む汚れ落ちがイマイチという結果が出ているレポートもあるようですが、新たな一歩を踏み出した功績は大きいと思います。


粉末洗剤がコンパクト化の歴史を辿ったように、液体洗剤も「少ない容量できれいに落とす」が主流になっていくのではないでしょうか。


また、P&Gの無添加洗剤「さらさ」も“真っ白”一辺倒だった洗剤市場に新たな一石を投じました。
新生児のいる家庭など、肌への影響が気になる消費者のニーズをしっかりと掴み、今後一大勢力となりそうな気配があります。



価格面では、依然として粉末洗剤の方が割安の傾向にあるのですが、両者の差は縮まりつつあります。


残るは肝心の洗浄力ですが、現時点では粉末洗剤の方が汚れ落ちに強いようです。
レポートでも、水溶性の汚れ(しょうゆ)はどちらもキレイに落ちたが、油溶性のガンコな汚れは粉末洗剤が優勢という結果に。


粉末か、液体かで頭を悩ませている消費者も多いようですが、
「洗うものに合わせて使い分ける」が正解といえそうです。ちょっと残念ですが...。


posted 洗濯 洗剤 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日用品

衣類 防虫剤

大切な衣類を食い荒らす害虫といえばコイガとヒメカツオブシムシ

衣類の害虫被害は温度が25〜30℃、湿度が50〜80%の時が最も多くなると言われていますから、梅雨に入る前に大切なウールのコートやカシミアのセーターの虫食い対策をしておいたほうがいいでしょう

衣類 防虫剤

防虫剤は合成成分を使わない自然植物成分のものをオススメします
自然のものなら小さなお子様への影響も少ないですから
最近は防虫効果のある衣装ケースなどもあります

楽天で「衣類 防虫剤」などのキーワードで検索したらいくらでも出てきます

タグ:衣類 防虫剤
posted 衣類 防虫剤 at 17:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日用品

布団 圧縮袋

圧縮袋に入れて収納した冬用布団が、数ヶ月後には膨らんでいる...
心当たりのある方はバルブ式を試してみてください

布団圧縮袋

そもそも袋に空気が入ってしまう理由は

●空気の出入り口から空気が少しずつ入り込んでしまう
●薄い袋の生地に目に見えないくらいの孔があいて空気が入り込む

の2つのケースが考えられます

このことから圧縮袋をお求めの際は、吸入口と袋の生地に改良があるかどうかを確認するのがポイントと言えます

最近では袋が5層になっているものもあるようです
3層のものと比べて外気遮断性は60倍に向上しているそうです
技術の進歩ってすごいですね
10倍界王拳でもすごいのに、それがさらに6倍ですから

っていうか、今まで何やってたの?って話かも

タグ:布団圧縮袋
posted 布団 圧縮袋 at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日用品