スポンサードリンク

レインコート メンズ

降水量の多い日本では、イグサを編んだ笠やシュロを束ねた簑など、古くから雨に備えた衣類や道具が発展してきました。

和紙に油を塗った油紙合羽、綿にゴムを貼ったゴム引き、塩化ビニール……、
そして1976年、高い防水性と防風性を持ちながらも、ムレを解消する透湿性を備えたゴアテックスが登場。

以来改良に改良を重ね、今なおゴアテックスはレインウエアの雄です。

また縫い目からの雨を防ぐシームテープ、止水ファスナーなど、過酷な環境にも耐えるハイテク素材が目白押し。

レインコート メンズ

当然、傘にも撥水効果に優れた生地や、軽量&堅牢さのためのグラスファイバーなど、
雨具は先進素材を積極的に導入して進化していることがわかります。

posted レインコート メンズ at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レインウェアー

マリメッコ レインコート

マリメッコのレインコートも人気があります。

マリメッコはフィンランドで1951年にテキスタイルブランドとしてスタートしました。
鮮やかな色の大胆なプリント柄をデザインした商品ラインナップで世界的に知られています。
今ではファッション・インテリア・バッグなど、商品は多岐にわたり生活雑貨も手がけています。

マリメッコのレインコートは厚手でしっかりした素材なので、コートとしても活用できます。

marimekko レインコート

特に自転車に乗られる女性に好まれているようです。

ポンチョタイプのレインコートは、内側にバックを抱えて羽織ることができ、そのまま自転車に乗ることもできるからでしょうか。
またポンチョの場合、小さめの方から大きめの方までサイズ的には大丈夫ということもありますね。

梅雨入りすると、気にいったものは売り切れになってしまうので購入のタイミングは逃さないようにご注意を!

日本では株式会社ルックが取り扱っているようですが、楽天市場でも買えます。

タグ:マリメッコ
posted マリメッコ レインコート at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レインウェアー

レインウェア 選び方

快適な素材、動きやすさを考えた立体裁断、着たくなるデザイン。
さらに、フードの収納性、ポケットの角度や位置などと、細部まで創意工夫がこらされたレインウェア。
ブランドごとの個性も見逃せません。

お目当てのアイテムが決まっていても、ちょっととなりの物も着てみましょう。
「あれ、妙にしっくり」
ということ、意外にあるのですよ。
要は着てみないとわからないと言うことなのです。

レインウェア 選び方

ヘコみがちな雨の天候では、ちょっとした着心地の差が大きいものです。
足が長い人、太めの人は通常サイズに加え、ロング、ショート丈のパンツが用意されたモデルにも注目しましょう。

ピンとくる物をじっくり探してください。

posted レインウェア 選び方 at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レインウェアー

アウトドア レインコート

アウトドアで使うレインウェアは、着心地や動きやすさはもちろん、レイヤリングも考慮しましょう。
レイヤリングってのは使い慣れない言葉ですが、簡単に言うと「重ね着」のことです。
ですから、ショップにはアウトドアで過ごすような服装で行くのがよいでしょう。

アウトドア レインコート

試着はジャケットだけでなく、パンツも必ずしましてください。
言われるまでもないかもしれませんが...。

腕を上へ伸ばしたり、ひざを思い切り上げてみたり、かがんでみたり。
大きな動きをしても突っ張らないか、袖やパンツの丈は十分か、きつくないか、しっかり確認してください。
フードの大きさや形状、調節機能もしっかりチェック。

いい物を揃えようとするなら、お店に気を遣っている場合じゃありません。
性格にもよると思いますが。

また、3シーズン使用することを考えて、Tシャツ、中間着を中に着られるサイズを選びましょう。
さらにバックパックを背負った状態まで確認できれば完璧です。

タグ:アウトドア
posted アウトドア レインコート at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レインウェアー

ゴアテックス レインウェア

蒸し暑く雨が多い日本の夏
その中をより快適に過ごせるよう、レインウェアは日々進歩しています。

キーワードは防水透湿素材、ゴアテックスでしょう。
簡単に言うと、ウェアの外からの雨は通さず、体からの湿気は外に排出してくれる。
つまり、体が雨に濡れないだけでなく、蒸れや熱がこもりにくいのです。

ゴアテックス レインウェア

一昔前は「憧れの高級素材」だったようですが、ぞくぞくと各ブランドや素材メーカーがオリジナルの防水透湿素材を
続々と開発しており、近年では価格も手ごろになってきています。

それぞれ質感や肌触りに工夫を凝らしているので、実際にショップで見て、比べてみましょう。

posted ゴアテックス レインウェア at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レインウェアー

レインコート 使い捨て

今、使い捨てレインコートが売れているようですね。
在庫切れの所もあるようです。

正直なところ、私はレインコートを使い捨てにする、という感覚は今まで無かったので驚いているのですが、
もしかすると放射能が気になるとか、そういう意味での需要が高まっているのでしょうか?

レインコート 使い捨て

昔、確かコンビニで安いレインウェアを買ったことがありますが、それも使い捨てという感覚ではありませんでした。
とても小さくたたまれて、小さな袋に入って売られており、
使った後にたたんで元の通りに入れるのが大変だったことが思い出されます。

使い捨てという感覚は無かったのですが、結局すぐに破れてしまって使えなくなった気がします。

最近売っているのは20枚とか100枚セットになっていて一枚が100円から200円らしいので、
リーズナブルな価格になっています。
重さも超軽量で40グラムくらい、持ち運びにも便利なので旅行や通勤のカバンなどに忍ばせておくのに丁度いいです。

まあ使い捨てで安いものなので強度は期待できませんけどね
あと火気の近くでの使用と保管はダメのようです。

posted レインコート 使い捨て at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レインウェアー